読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PhysioFit-いつまで仮面かぶっているんですか?ー

自分の思ったこと、学んだことを書き連ねるブログ。

どのようにオーストラリアのピラティス スタジオに日本から応募したか

日本でオーストラリア、メルボルンのPole starスタジオ にすると意気込んで、まずはスタジオに申し込む。

 

オンラインで申し込みはできるが、日本からの申し込みということで、特殊なビザの申請が必要であり、直接現地から連絡が来た。

 

E-mailでのやり取り。全部英語。

おお、これが海外へ行くということか。

と思いながら返信したが、帰って来たのは「英語のテストを受けてください」ということ。

 

現地スタッフは私の英語力を心配してくれて、スタジオに入るための試験を課してくれたのか。とポジティブに捉える。

筆記テスト3枚くらいだったかな。

テストを送り返す。

 

テストの結果は、60点pass mark60点くらい。。いや、覚えてないけど本当にギリギリだった。本当ならば、合格!と言いたいところなのだろうけど、さすがに現地スタッフも不安だったのか、追加でSkypeでのSpeaking testを課してきた。

 

そりゃそうだよね、筆記ギリギリだったしと思いながら、私としてはちょっとラッキー♩と。

 

私はフィリピンに10ヶ月くらい滞在していたことがあったので、grammerよりもspeakingの方が自信があった。

月5000円程のオンライン英会話もフィリピン人と続けていたし。

skypeでのspeaking testだったらなんとかなるのでは!と思った。(文法頑張れよって話だけど。^^;)

 

ところが、いざ現地スタッフと話してみると、オージーの会話スピードの速いこと速いこと。。

あれ?フィリピン人の英語ってすごく聞きやすいの?

それとも私がフィリピン英語に慣れすぎていたの?

と、一瞬ひるんだけど、、なんとか合格

 

何でオーストラリアが良いのか、どうして日本ではダメなのかなど面接のようなインタビューを受けて、最後に「I am Physio in Japan.」って言ったら現地スタッフが「ある程度の知識はあるのね♩」と、安心したのか合格をいただいた。

 

いやー、オンラインで申し込みしてから、実際に受理されるまで、メールでのやり取り、筆記、speaking test等々で2週間弱かかった。

 

前途多難。

 

後から気づいたことだけど、現地スタッフとの英文でのメールのやりとりが、本当にダメダメだったらしく「この人の英語力、大丈夫??」という不安を与えていたらしい。。

確かに、英語でのメールのやりとりを今まで行っていなかったから、ビジネスライクなメールになっていなかったな、、と反省。

 

もし、日本から海外の何かに申し込みを行う人は 、きちんとした文面で送るように注意を払いましょう!(このミスは私くらいかもしれませんが。。。)

 

何とか無事にスタジオも決まり、最初のレッスン日(729日)も決まり、安心!

が、入れなかったのよねー。。( ;  ; )

また次回!